Category

2018.10

Home » 紙面掲載記事 » 2018.10

11 posts

Bookmark?Remove?

La danza de la luna(月の踊り)  女性にまつわる古来の儀式

 - 

カルロス・サラゴサ 普段の生活ではあまり感 じないかもしれませんが、 メキシコには古代から培 われてきた様々な風習が いまだに残っています。その中で、女性とい う自然界の一部にフォーカスされたものが La danza de la luna(月の踊り)です。これ は、旧約聖書のノアの方舟が起きるより前 の時代から続く、メキシコの村々で伝えら れてきた舞踊・風習です。 メキシコでは舞踊というものは、古来、た だ単に美的意識や、綺麗という見た目だけ のものを超えて、超自然的なものとの交流 や、一人一人の心の奥底にある何か... More »

Bookmark?Remove?

メキシコの伝統 「死者の日」 各地に生き続ける伝統とは?

 - 

カルロス・マリア・フローレス・リベイラ メキシコからあの 「死者の日」( Día de Muertos)がな くなったら、いったいどんな風になっ てしまうのでしょうか。この印象的な 装飾を施すこの祝祭は、メキシコ独 自の文化として世界中で知れ渡って います。この行事を今日まで実施で きることはメキシコ人として誇り高い ことなのです。 そんな死者の日の祭典ですが、その 中でも一番目を引くのが、カラフルな 花や様々な食べものが供えられた祭 壇でしょう。これは、伝統的には愛す る故人のためにつくられるもので、パ ン・デ・... More »

Bookmark?Remove?

秋の風物詩 ドゥルセ・デ・カラバサをお試しあれ

 - 

イベット・ブソ 地理的にみて、メキシコは 多様な地域が存在してお り、その土地その土地に あった食品の生産が行わ れ、秋のこの時期、様々な種類の食物を収 穫することができます。 そのため、この国に様々な収穫祭などの大 地の恵みに感謝するお祭りがあり、その種 類は多様ですが、一方で、そこで振る舞われ る料理は、なぜか似ているものもが多いこ とに気づかされます。 また一方で、この時期自然界には荘厳な 色彩の共演を堪能できる時期です。そして 我々人間の世界でも「死者の日(el Día de Muertos)」や「ヴェンデ... More »

Bookmark?Remove?

Mexico新聞第4回カルチャークラス 「テキーラ・メスカル 地酒を使って メキシカンカクテルを学ぶ」

 - 

榎本 陽介 Mexico新聞では、メキシ コに滞在する日本人女性に 向けて、6月から月1回、メ キシコの文化・歴史・ライ フスタイルなどを紹介する「Mexico新聞カル チャークラス」を開催しています(毎月第三 水曜日開催)。 9月19日に開かれた第4回目のクラスのテー マは、「テキーラ・メスカル 地酒を使ってメ キシカンカクテルを学ぶ」。 ポリフォルム・ディアス元大統領時代からあ るレオンの老舗バー「La BIKINA」のバーテン ダーであるジョバンニ・レジェス・アモールさ ん、そして代表のマリオ・カモチョさんを... More »

Bookmark?Remove?

学校に通わない選択 メキシコのホームスクール事情

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ 日本では馴染みの薄いホ ームスクールとは、文字通 り家庭で学習を行うこと で、メキシコでは昔から行っていました。昔 は自宅から学校までが遠く、家での学習が 子どもに教育の機会を与える唯一の選択 肢だったことが大きな背景のひとつにあり ます。ホームスクール発祥地のアメリカで は、現状の教育制度に反発した親たちが始 めたことから、メキシコとは少し事情が違 うかもしれません。どちらにしてもラテンア メリカ、特にメキシコではホームスクールは 「educación en casa」として、既に... More »

Bookmark?Remove?

フランスの牙城が崩れる時 チャンピオン争いと変化の兆し

 - 

エイドリアン・モリーナ ■混迷を見せるドライバー ズ・チャンピオン争い 今年の世界ラリー選手権 (以下WRC)は、これまでのところ14年 ぶりにフランス人以外のドライバーがチャ ンピオンを獲得する可能性が出てきまし た。まだ3戦を残しているものの、トップの ベルギー人でヒュンダイのティエリー・ヌー ビル選手と13ポイント差で肉迫するエスト ニア人でトヨタのオット・タナック選手との ドライバーズ・チャンピオン争いが熾烈を極 めてきました。去年のチャンピオンでフラン ス人のセバスチャン・オジェ選手は、トップ から23ポ... More »

Bookmark?Remove?

日本でも愛された「たくさんのキス」 メキシコ・名曲の歴史

 - 

エマルース・デルガド 「ベサメ・ムーチョ」【Bésame mucho】は、194 0年にメキシコのピアニ ストで作曲家のコンスエロ・ベラスケス(19 16―2005)によって書かれた歌です。こ の歌はメキシコで一番よく知られた歌で、 また、多くの人に歌われて世界中で大ヒット しました。 コンスエロ・ベラスケスは、1916年(諸説 あり)8月21日にハリスコ州のシウダ・グ スマンで生まれました。4歳の時に叔父か ら小さなピアノを貰い受けるとすぐにメキ シコ国歌などの簡単なメロディーを弾きこ なし、周囲の人々を驚かせま... More »

革命を起こす 高速鉄道建設 トルーカとメキシコシティを40分でつなぐ

 - 

ウンベルト・ゴメス 現在建設中のメキシコ州 トルーカとメキシコシティ を結ぶ都市高速鉄道は、 ラテンアメリカではとても 近代的なものとなっています。この鉄道が 完成すればニューヨークやマドリッド、ロン ドンといった世界の大都市と肩を並べるほ ど、メキシコシティへの乗客輸送が激変す るでしょう。 工事着工を2017年に予定していました が、今年の4月になって着工され、現在の進 捗は56%ほどです。ヘラルド紙の記事で は、工事が遅延した理由は、駅に予定され ているメキシコシティのサンタ・フェやオブ セルバトリオの住民か... More »

Bookmark?Remove?

“最弱の皮膚”を持つアジア人 メキシコで紫外線対策をしっかりと

 - 

Mexico新聞編集部 春夏秋冬と、豊かな四季を持つ日 本。翻ってここメキシコは日本人 にとって一年中“夏”のような気候 です。こうした「常夏」のメキシコ に移住していきた私たちは、スポ ーツや旅行、はたまた外回りなど で常に日光を浴びることになり、 日焼けやシミなどの肌トラブルに 悩まされがちです。もちろん、皮 膚がん発症の可能性も上がって きますので、健康のためにも、紫 外線対策を行うことは必須でしょ う。 レオン市内でクリニックを開業し ている皮膚科専門医パトリシア・ バルデス氏によると、特にアジア 人の肌は... More »

Bookmark?Remove?

懐を暖める消費とは アギナルドでBUENFINを より楽しく

 - 

ヴェロニカ・プラソラ ■商工会議所からのお願い BUEN FINとは、アメリカ の感謝祭後のブラックフライ デーを規範とした、全国レベ ルで一斉に行われる大セール のことで、今年は11月16日 の金曜日から19日の月曜日 まで行われます。そのBUE N FINについて、70万以上 の企業や団体などが加盟し、 メキシコ全土に255カ所あ る事業所を束ねる全国商工 会議所が、各企業に向けて メッセージを出しました。そ れは、従業員たちがBUEN FINでよりたくさんの買い 物が楽しめるように、できう る限り法定賞与の「... More »

Bookmark?Remove?

2014年からの疑惑 ペニャニエト大統領の最終演説より

 - 

ヴェロニカ・プラソラ エンリケ・ペ ニャニエト大 統領は6回目 の、そして最 後の教書演説でこのように述 べました。 「6年の任期中、私は何かを強 制するのではなく、いつでも人 々に呼びかけ、納得してもらう ように努めてきた。」 「この国に安全を取り戻すこと ができなかった。この国の隅々 まで治安を回復することがで きなかった。」 過去の政権も任期中に少なく ともひとつは、大きな危機に直 面しています。自然災害、人為 的事故、安全上の危機、汚職ス キャンダルなど、その種類や深 刻さは様々でした。就任から 2年目の2... More »