Category

政治

Política

30 posts

Bookmark?Remove?

仲違い? ハリスコ州知事とロペスオブラドール氏 関係に亀裂・・・

 - 

(文:ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ) 「私たちに、政府の仲介者なんていらない」 先月の選挙でハリスコ州知事に選出された、エンリケ・アルファロ・ラミレス氏は、ロペスオブラドール氏にこう力強く断言しました。ハリスコ州知事は、ロペスオブラドール氏と同じ政党「MORENA」から出馬。共に戦った同志のはずなのに、いったい何がおきたのでしょうか。 事の発端は、ロペスオブラドール氏が、ハリスコ州の開発プログラムの担当者に、州知事選挙に向けて党公認候補争いをしたカルロス・ロメリ氏を選んだことでした。この開発プログラム担当者は、中... More »

Bookmark?Remove?

ニーニョたちの選挙子どもたちの意思表示

 - 

ロヘリオ・サラテ   6年に1度行われる大統領選挙と同じく、選挙権を持たない子どもたちが自分たちの周りで起こっている問題について、子どもたちが「投票所」という場所に集合し、様々な内容の質問に対して自らの意見述べる「投票する」、いわゆる「子ども選挙」が今年も開催されることになりました(※1)。前回の2012年では「より良い生活を送る権利について」をメインテーマに、子どもたちの安全や健康に係わる「家族」、「学校」、「コミュニティ」などの日常生活に関した意見が数多く集められました。   意見を取りまとめたIFE(連邦選挙... More »

Bookmark?Remove?

歴史的選挙とその後公式な最終結果は9月に

 - 

ロヘリオ・サラテ       今回のメキシコにおける選挙は、この100年の中で一番重要なものでした。以下の事実がそれを物語っています。選挙が終わった今、もう一度今回の選挙の実情を確認してみましょう。   8900万人が有権者登録。 選挙で選ぶポスト数が18311名と過去最大規模。 6000万件以上の候補者のメッセージがラジオやテレビにて発信。 各候補者や政党が拠出した選挙費用を除外した選挙費用の総額が330億ペソ。   そして今回の選挙から1910年以来初めて、市町村レベルで現職の候補が再選できるようになったことも... More »

Bookmark?Remove?

第1回討論会を終えて 2018年メキシコ大統領選挙の展望

 - 

■本格的な選挙戦のスタート 7月1日には大統領選挙に併せて上下両院や知事選挙も行われます。実際、8つの知事選挙のほかにメキシコシティ市長選挙など、30州に渡る大きな規模となっています。 民主主義や多元主義を進めるべくINE(全国選挙機関)は、今回の大統領選挙に向けて有権者が大統領を決めるための場として、計3回の討論会を行います。 その第1回討論会が4月22日にメキシコシティのUNAM(メキシコ自治大学)にあるPalacio de mineríaで行われ、3カ月もの選挙戦を戦う大統領候補者たちによる舌戦がくり広げられ... More »