Category

ライフスタイル

Estilo de vida

28 posts

Bookmark?Remove?

悪をくじいて、祝福が宿る ピニャータを楽しむこと

 - 

建築家 ダビッド・カブレラ-ルイス メキシコで はポサダや クリスマス の夜に、お菓子やフルーツ が入った張り子を棒で割る「 ピニャータ」【pi­ña­ta】を楽 しみます。これはもともと中国が発祥の風習で、後年、ヨ ーロッパ、スペインへと広が り、そしてメキシコには、カト リックの伝統的なクリスマスのお祝い行事として辿り着きまし た。 昔の張り子は、雄牛をかたどった ものに、中国の風習に則ってその 年の農業の収穫などをシンボリッ クに表した、たくさんの色紙を張 り付けたものだったようです。今では、主に七つのとんが... More »

Bookmark?Remove?

ウチワサボテンのブニュエロ 手間なくおいしく楽しめる超簡単レシピ♪

 - 

Xoconostleとはウチワサボテンの実や花のことで、これを使ったソースのブニュエロをご紹介します。揚げ菓子として知られるブニュエロは、ドーナツ好きが作った「ドーナツ界のスター」とも呼ばれるほどみんなから愛されている料理です。ワンタンのような薄いブニュエロの生地であるmasa wantánを、アツアツでたっぷりの油の中で素早く揚げればできあがりッ!簡単に食卓でカリカリのおいしい食感が味わえます。 ■材料(8人分) <ブニュエロの材料> ・masa wantán、もしくは小麦粉のトルティージャ―4枚 ・キャノーラ油... More »

Bookmark?Remove?

メキシコのクリスマスディナー 経済階級が生み出す違い

 - 

イベット・エステファニア・ブソ  メキシコでクリスマスの一般的、常識的なディナーというものを一概には言えないものです。この国のいたるところで行われるクリスマスパーティを考えると、例えば七面鳥やタラなどの料理を準備する場面で一般的によく見られるものもありますが、国土の北から南に多種多様な自然、移り変わる替わる季節による変化はもとより、それぞれの都市、州で違った特徴があり、クリスマスディナーの料理もその土地特有な文化として現在に至っています。 しかし一方で、それぞれの人々の社会経済状況を考慮にいれてクリスマスの食材や料... More »

Bookmark?Remove?

Mexico新聞第6回カルチャークラス

 - 

「La Bikina特製ジャムとカヘタの作り方」 Mexico新聞では、メキシ コに滞在する日本人女性 に向けて2018年6月から月1回、メキシコの文化・歴 史・ライフスタイルなどを紹介する「Mexico 新聞カルチャークラス」を開催しています。 11月28日に開かれた第6回目のクラスのテーマは、「La Bikina特製ジャムとカヘタの作り方」。 ポリフォルム・ディアス元大統領時代からあるレオンの老舗バー「La BIKINA」のシェフ・ マリオさんを講師に迎え、クリスマスのディナーを華やかにする La BIKINA... More »

Bookmark?Remove?

ティオティワカンに地下“トンネル”発見 他文明との接触を証明か

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ 国立人類学歴史研究所とUNAM地球物理学研究所は、メキシコシティー郊外にあるティオティワカンの月のピラミッドの下部に、直径15メートルの「部屋」があることを発見しました。これは、2017年6月から行われていた電気抵抗率に関する調査の結果、発見されたのです。 「部屋」としましたが、まだトンネルの可能性もあります。ピラミッドの地下8メートルの場所にあり、ヴェロニカ・オルテガ・プロジェクトリーダーは、「この部屋はアンダーワールドで行われていたスピリチュアルな儀式で使われていたと思う」と述べ... More »

Bookmark?Remove?

地下鉄・メトロブスでは運行停止も 死者の日を楽しむための注意事項

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ メキシコシティーの市民は、今月27日~11月4日まで行われる、死者の日のイベントを心待ちしています!。メキシコシティーで行われる恒例のパレードは、全長5キロを40人の伝統舞踏家、30の人形、3つのアリブリヘ、6つの音楽隊、そして様々な山車が行進します。 それでは、このイベントを最大限楽しむために、いくつかアドバイスしましょう。 ・メトロブスで移動する場合は注意を。なぜなら15時から1号線、3号線、4号線は運行停止をする場合があるからです。 ・地下鉄も、3号線にあるMina駅, hid... More »

Bookmark?Remove?

映画「リメンバー・ミー」を”体験”するツアー メキシコで計画中

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ メキシコで、歴代興行収入を塗り替え、アカデミー賞でも長編アニメ賞に輝いた「Coco(邦題:リメンバー・ミー)」。メキシコでは、映画の題材となった死者の日を前に、この映画のモデルの地を巡る観光ツアーが計画されています。 これは、10月初旬に行われたた「第5回プエブロ・マヒコ全国大会」で、デラマドリッド観光相によって提案されたものです。 このツアーには、死者の日の催事が有名であり、監督のリー・アンクリッチが映画作製にあたってインスパイアされた地である、サンミゲル・デ・アジェンデ、ミチョア... More »

Bookmark?Remove?

La danza de la luna(月の踊り)  女性にまつわる古来の儀式

 - 

カルロス・サラゴサ 普段の生活ではあまり感 じないかもしれませんが、 メキシコには古代から培 われてきた様々な風習が いまだに残っています。その中で、女性とい う自然界の一部にフォーカスされたものが La danza de la luna(月の踊り)です。これ は、旧約聖書のノアの方舟が起きるより前 の時代から続く、メキシコの村々で伝えら れてきた舞踊・風習です。 メキシコでは舞踊というものは、古来、た だ単に美的意識や、綺麗という見た目だけ のものを超えて、超自然的なものとの交流 や、一人一人の心の奥底にある何か... More »

Bookmark?Remove?

メキシコの伝統 「死者の日」 各地に生き続ける伝統とは?

 - 

カルロス・マリア・フローレス・リベイラ メキシコからあの 「死者の日」( Día de Muertos)がな くなったら、いったいどんな風になっ てしまうのでしょうか。この印象的な 装飾を施すこの祝祭は、メキシコ独 自の文化として世界中で知れ渡って います。この行事を今日まで実施で きることはメキシコ人として誇り高い ことなのです。 そんな死者の日の祭典ですが、その 中でも一番目を引くのが、カラフルな 花や様々な食べものが供えられた祭 壇でしょう。これは、伝統的には愛す る故人のためにつくられるもので、パ ン・デ・... More »

Bookmark?Remove?

秋の風物詩 ドゥルセ・デ・カラバサをお試しあれ

 - 

イベット・ブソ 地理的にみて、メキシコは 多様な地域が存在してお り、その土地その土地に あった食品の生産が行わ れ、秋のこの時期、様々な種類の食物を収 穫することができます。 そのため、この国に様々な収穫祭などの大 地の恵みに感謝するお祭りがあり、その種 類は多様ですが、一方で、そこで振る舞われ る料理は、なぜか似ているものもが多いこ とに気づかされます。 また一方で、この時期自然界には荘厳な 色彩の共演を堪能できる時期です。そして 我々人間の世界でも「死者の日(el Día de Muertos)」や「ヴェンデ... More »

Bookmark?Remove?

Mexico新聞第4回カルチャークラス 「テキーラ・メスカル 地酒を使って メキシカンカクテルを学ぶ」

 - 

榎本 陽介 Mexico新聞では、メキシ コに滞在する日本人女性に 向けて、6月から月1回、メ キシコの文化・歴史・ライ フスタイルなどを紹介する「Mexico新聞カル チャークラス」を開催しています(毎月第三 水曜日開催)。 9月19日に開かれた第4回目のクラスのテー マは、「テキーラ・メスカル 地酒を使ってメ キシカンカクテルを学ぶ」。 ポリフォルム・ディアス元大統領時代からあ るレオンの老舗バー「La BIKINA」のバーテン ダーであるジョバンニ・レジェス・アモールさ ん、そして代表のマリオ・カモチョさんを... More »

Bookmark?Remove?

“最弱の皮膚”を持つアジア人 メキシコで紫外線対策をしっかりと

 - 

Mexico新聞編集部 春夏秋冬と、豊かな四季を持つ日 本。翻ってここメキシコは日本人 にとって一年中“夏”のような気候 です。こうした「常夏」のメキシコ に移住していきた私たちは、スポ ーツや旅行、はたまた外回りなど で常に日光を浴びることになり、 日焼けやシミなどの肌トラブルに 悩まされがちです。もちろん、皮 膚がん発症の可能性も上がって きますので、健康のためにも、紫 外線対策を行うことは必須でしょ う。 レオン市内でクリニックを開業し ている皮膚科専門医パトリシア・ バルデス氏によると、特にアジア 人の肌は... More »