Category

「Mexico新聞セレクション」

shimbun seleccion

23 posts

Bookmark?Remove?

AMLOの主な政策案 見え始める新大統領の変革

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ ■新大統領の主張 数カ月間にわたる選挙期間中も、そして2018年12月1日の国会議事堂における就任式後もアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール大統領(AMLO)は、この国で新自由主義政策が実施された期間の産物である「腐敗」こそがメキシコの主要な問題であると主張し続けており、そのため6年間の任期中の国家計画の一環をなす自身の公約、つまり政策案は、彼が呼ぶ「この悪」と闘い、その主な結果として「第四の変革」をもたらすことであると明言しました。「第四の変革」とは、新大統領の造語で、この国の... More »

Bookmark?Remove?

メキシコで開催される重要なイベント2019年間カレンダー

 - 

イベント名 会 期 開催場所 内    容 メリダ フェスタ 1月4日 ~11日 メリダ ユカタン州 メリダ市は毎年、市の創設を記念してダンス、演劇、舞台芸術、視覚芸術、文学、音楽などの150以上の催し物を提供し、そのほとんどのイベントを無料で公開しています。 レオン フェア 1月11日 ~2月5日 レオン グアナファト州   レオン市の創設を祝うために開催されます。その規模はメキシコ国内でも最大級のものです。イベント開催中は、民芸品展示、商業と家畜の展覧会、様々なアーティストのワークショップやプログラム、闘牛祭、... More »

Bookmark?Remove?

ケツァルコアトルの贈り物 カルロス•サラゴサ

 - 

皆様、初めまして。 この2019年1月版から、メキシコいろいろな伝承や歴史や文化に関するストーリーをご紹介し、メキシコと日本の間にどんな類似点があるか、また相違点があるかを知り合うことでお互いの国をよく知り、より深い相互理解ができるのではないでしょうか。この第一回目は私たちのメキシコ伝わる「ケツァルコアトルの贈り物」という物語です。 昔から伝承されているこの物語の主人公は、神話的な人物「ケツァルコアトル」です。「ケツァルコアトル」はナワトル語から訳された名前で、「ケツァルの蛇」という意味であり、メキシコ神話(メソア... More »

Bookmark?Remove?

ロペスオブラドール内閣の顔ぶれ 国の未来を託す閣僚メンバー

 - 

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ メキシコ連邦政府は行政・立法・司法の三権が分立しており、そのうちメキシコ大統領が指揮を執るのは行政権です。内閣は現職大統領によって選任された政策機関であり、セクレタリアと呼ばれる省で構成され、6年間の大統領任期中、行政権の業務を担います。 選出されたアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール大統領が、2018年12月1日に内閣の閣僚たちとともに就任しました。現内閣を構成する各閣僚の素質は、その担当する省の職務に関わる社会・文化・経済発展の分野での各人の経歴を見ればわかります。以下は閣僚... More »

Bookmark?Remove?

純国産企業「OXXO」 多様化する流通業界で勝ち残る戦略

 - 

ウンベルト・ゴメス 日本で、特に東京などの都市を歩けばローソンやセブンイレブン、ファミリーマートといったコンビニエンスストアをすぐに見つけることができるでしょう。メキシコでも街の至る所にOXXO(オクソ)があります。 1978年にモンテレイで最初の店舗をオープンさせ、その後ジュースやビールなどの飲料をメキシコ各地で販売する着想が評価され、世界的ブランドのコカ・コーラ社商品を流通させるまでの大企業に成長しました。現在ではラテンアメリカの全ての国で展開する、この地域最大のコンビニチェーンとなっています。16,500カ所... More »

Bookmark?Remove?

ウチワサボテンのブニュエロ 手間なくおいしく楽しめる超簡単レシピ♪

 - 

Xoconostleとはウチワサボテンの実や花のことで、これを使ったソースのブニュエロをご紹介します。揚げ菓子として知られるブニュエロは、ドーナツ好きが作った「ドーナツ界のスター」とも呼ばれるほどみんなから愛されている料理です。ワンタンのような薄いブニュエロの生地であるmasa wantánを、アツアツでたっぷりの油の中で素早く揚げればできあがりッ!簡単に食卓でカリカリのおいしい食感が味わえます。 ■材料(8人分) <ブニュエロの材料> ・masa wantán、もしくは小麦粉のトルティージャ―4枚 ・キャノーラ油... More »

Bookmark?Remove?

第4弾 グアナファトの歴史を象徴「 Libertad」

 - 

ウンベルト・ゴメス メキシコに眠る美味しい食材や職人の技を紹介する「 Mexico新聞セレクション」。先々月号でワイン、先月号 でテキーラを紹介しましたが、今月号はメキシコのビ ールをご紹介します。コロナ、テカーテといった銘柄が 人気を誇っていますが、メキシコ各地にはそのほかに も様々なクラフトビールが眠っています。もちろん、ここ グアナファト州にもメキシコ、いや世界に誇るビールが 存在するのです。 その名は「Libertad」。 「Libertad」は、2011年にグアナファト州レオンで創設されたビール・メーカー... More »

Bookmark?Remove?

番外編:テキーラとの組み合わせで いい“塩”梅に!  メキシコの“サル【Sal】”を知る

 - 

メキシコでは、アルコール度数の高いテキーラを飲み際には、塩とライム(こちらで はレモンといいますが)を口の中に含み、その後テキーラを口の中に含んでいくこ のスタイルはメキシコに住む皆さんならご存知でしょう。 でもその際に、ただの塩を 使うのではなく、レモンやハイビスカスなど様々な食材を混ぜた塩を使うのが、今、 メキシコで一種のブームとなっています。 今回は、テキーラとの相性が良い、メキシコならではの原料を使った「サル【Sal】」を 8つをご紹介していきます。 〇サル・デ・コリマ【Sal de Colima】 コリマ... More »

Bookmark?Remove?

第3弾 アモールいっぱいに作られた テキーラの女王 「Tequila Mexitas

 - 

Mexico新聞編集長 ヴェロニカ・プラソラ メキシコに眠る美味しい食材や職人の技を紹介する「 Mexico新聞セレクション」も、今月号で第3弾目となり ました。今回紹介するのはメキシコの名酒テキーラで す。 皆さんご存知のテキーラですが、原料であるリュウゼ ツランの生産地としては、ハリスコ州テキーラ市の特 にサンタ・アナ農園やサン・マルティン・デ・カニャス農 園は有名で、今月号で紹介する「Tequila Mexitas」にもこの農園の原料が使われて います。 この「Tequila Mexitas」プロジェクトは、... More »

Bookmark?Remove?

第2弾 メキシコワインの雄「Barón Balché」

 - 

メキシコ新聞編集長 ヴェロニカ・プラソラ   その豊かな食文化がユネスコの世界無形文化遺産として登録されたメキシコ料理 。土着の古くからの食文化、そして移民で持ち込まれた新しい食文化が融合した私 たちの食文化は、世界が認めるほど独特であり、その豊かさは世界に誇れるものと 自負しています。 私たちMexico新聞は、弊紙の主力ライターであるグッドフェローズたちとともに、メ キシコで眠る美味しい食材や職人の技を紹介する「Mexico新聞セレクション」を掲 載しています。 今回紹介するのは、メキシコワイン。 日本の皆さん... More »

Bookmark?Remove?

メキシコの美食、職人の技をご紹介する「Mexico新聞セレクション」

 - 

ベロニカ・プラソラ Mexico新聞編集長 「美食の国・日本」これは私たちメキシコ人、そして全世界の人々が同意できる皆さんの母国・日本の印象です。豊かな四季や大自然、それと寄り添う人々、そして大自然からの恩恵を十二分に楽しむことできる技と伝承。私は日本を訪れるたびに日本人と日本の食文化の深い関係を目の当たりにして、心地よさとともに、一種の嫉妬なんでしょうか、ちょっとしたほろ苦さ、そんな気持ちを感じていました。   ひるがえってわれらが祖国・メキシコ。私たちだって世界中に認められた豊かな食文化を有していると胸を張って... More »