魔法の都市グアナファト

 -  - 


グアナファトは独自の魅力を持つ、伝説や歴史の詰まった町です。メキシコで最も美しい都市の一つで、峡谷に囲まれ、トンネル、路地、歩道、史跡、娯楽や休息の場がその中にあります。

グアナファトの地理とその特徴(Tierra de mis amoresの歌詞における、「山と山の間、青い空の下」)に関しては、ある有名な伝説があります。グアナファトはかつて平野にありましたが、魔法使いは娘の近くに誰も近寄らせたくなかったので、魔法を使って丘の上の洞窟の奥に彼女を閉じ込めたというものです。

その少女は多くの苦しみを経験しながらも、年に1回7月31日にだけ洞窟の入り口に出て太陽を見ることが出来ました。

何年も前、植民地時代に、羊の群れを引き連れている羊飼いは、非常に美しいその少女をみて驚きました。地に着くほどの長い髪を持ち、白い服を着ていて、吸い込まれそうなくらい大きくて美しい瞳をしていました。一目惚れでした。

彼女は羊飼いに渓谷の底にあるバシリカ教会に抱いて連れて行くように頼みました。そこで祈れば彼女は自由になり、さらに魔法が解けて街は再び平野になり、内部に隠されたすべての富が現れるでしょう。そして彼は金と銀の宝物を手にすることができ、彼女は彼の妻になるでしょう。グアナファトは、スペイン人が非常に欲しかった金の街であり、その魔法を解くことが出来る人は、残りの人生が豊かになるでしょう。

しかし、羊飼いは条件を満たさなければなりませんでした。彼は約束された富を手に入れられなかったり、結婚式をあげることできなかったり、何が起こったとしても後戻りも後悔もしないという条件でした。

彼はそのようにし、大変そうに彼女を抱きかかえながら降りていくと、後ろで叫び声が聞こえました。。

彼は無視をし続けていましたが、とある二人とすれ違い、数メートル進んだ先で彼らが叫びました。お前、蛇を持っているぞ!

彼は幼少期の恐怖を思い出して、突然引き返したため、石にされてしまいました。一方、ヘビに変わった美しい少女は避難するために洞窟に戻りました。勇敢な人が彼女が自由を手にするため、そして金と銀の街の魔法を解くために戻ってくるまで…

それ以来、多くの人々が、洞窟の日とよばれる7月31日にブファの丘の上に登ります。少女を探し、街を解放し、残りの人生で富を得るために … 今日まで誰もそれを達成することは出来ていない。だからグアナファトは金と銀の魔法の町で、伝説の町であり続ける…

bookmark icon