カミノ・マルケス・デ・アンダ

今日、何か国かでは仮想通貨の運用が発展している一方で、メキシコやその他ラテンアメリカ各国では、まだ仮想通貨の運用が十分に進んでいない現実があります。

現在メキシコでは、この仮想通貨市場に参入するか否かに関してメキシコでは議論が進んでいます。

以下は、この仮想通貨の意義に関してメキシコ国家が何を実行していくのかを調査したものです。

・まず、仮想通貨の合法性に関してですが、メキシコでの規制、すなわち財政技術機関を規制するための法(フィンテック法)は、仮想通貨に関連する企業のメキシコでの発展と成長を認めています。

この種の財政技術サービスの分野に関する法はラテンアメリカの中でも初めてのものになります。(Santos, 2019)

・次に仮想通貨への参入に関してですが、ある研究によると、携帯電話使用者の46%が、次半期の間に仮想通貨を購入するだろうとの予測がされています。そして、最も関心を引いている仮想通貨がビットコインです。まだ54%の人が関心を示していませんが、この種の仮想通貨に対して高い関心があることが見て取れます。

・最後に現在、そして現在・将来の仮想通貨への公認に関してですが、フィンテックメキシコによると、メキシコ国内には現在、約500,000人の顧客が存在しており、メキシコの中では最も大きい市場と考えられています。フィンテック法の発令により、今年の年末には、仮想通貨に対する興味関心が拡大するのではないかと考察する専門家もいます。(Santos, 2019)

ビットコインに20000ドル、イサーリアムに1500ドルを要しているという状況から、フォルベスのアナリストは、今年の仮想通貨の効力のよるそれほど大きな経済の成長は期待していません。

ですが、仮想通貨の販売促進に対して見込みのある対応関係の確かな要因も存在します。

2013年12月に1200ドルの最高値を記録した後、171ドルまで下落しました。その後、再び2017年に最高値まで上げるために三年の時がかかりました。また、その当時の周囲を取り巻く環境は非常に変動しやすいものでした。

前述の理由から、このアナリストは歴史の最高を再び記録するのではなく、2年後または3年後までに、技術が改善されない限り、仮想通貨普及に関する承認がされるだろうと口述しています。

メキシコでは仮想通貨において、短期間では変化が見受けられないにもかかわらず、技術の変化、また仮想通貨の取り扱いのブラッシュアップ、2020年以降に仮想通貨市場で起こりうる状況は恵まれるだろうと考えられています。

参考

Santos, J. J. (15 de Abril de 2019). Las criptomonedas en México, ¿Qué nos depara el futuro? Obtenido de Las criptomonedas en México. ¿Qué nos depara el futuro?: http://pcworld.com.mx/criptomonedas-que-nos-depara-el-futuro-en-mexico/

Thibault, C. (08 de Enero de 2019). Qué pasará con las criptomonedas durante 2019. Obtenido de Qué pasará con las criptomonedas durante 2019: https://www.forbes.com.mx/que-pasara-con-las-criptomonedas-durante-2019/

bookmark icon