メキシコ:ノーベル平和賞受賞者世界サミット開催地

 -  - 


サウル・ミランダ

ユカタン州メリダでは、2019年9月19日から22日までノーベル平和賞受賞者世界サミットが開催されます。このイベントでは、賞を受賞した男女20人以上が集まります。「平和のために足跡を残しなさい」がメッセージとしてあります。

サミットは、公平性、人権、および現在関連のあるその他のトピックに関して賞が授与された人々の間の平和対話の場です。 国の状況にとって望ましいことは、平和のスピーチが平和の行動に先行することができるということです。 首脳会談の創設者であるミハイル・ゴルバチョフは、開催された都市と国での会議の効果は、国家の思考と行動に貢献するのにプラスであったと述べています。

これまでのイベントでは、ダライラマ、レフ・ヴァウェンサ、シーリーン・エバーディー、ジョン・ヒュームなどの人々が集まり、社会が尊厳と保護の下で暮らすための問題について議論してきました。 今年は、グアテマラのリゴベルタ・メンチュ、コロンビアのファン・マヌエル・サントス、東ティモールのホセ・ラモン、オルタなどが出席する可能性があります。

このようなイベントを開催することの重要性は、今日のメキシコの状況にあります。 なぜなら、メキシコの国家公安調査では、成人人口の76.8%が都市での生活は安全ではないと考えているからです。

2019年のサミット前の開催地はローマ、パリ、ベルリン、広島、ワルシャワ、シカゴ、バルセロナ、そしてボゴタでした。一つ前の開催地は28のノーベル平和賞を受賞したボゴタでした。サミットは正義環境の変容の一例であり、平和の観点から困難な状況を経てきた都市で開催されてきました。ユカタン州の場合、それはメキシコで最も安全な州の1つとして際立っており、この状況がメキシコの他の州の例であることが望まれています。会議はメキシコに向けた平和のメッセージを意味するのかもしれません。

サミットの活動には、受賞者と様々な組織とのパネルディスカッションが含まれます。昨年のボゴタでは、学生に向けたリーダーシップ、人権、倫理を持った、平和関係の構築を目指した教育プログラムが含まれました。メキシコの現実を考えると、このメッセージには複製が必要であることがわかります。

「このサミットがメキシコ社会のみならず、人間関係における多様性の重要性と価値を理解する全ての人々に貢献すると本当に信じています」と世界サミットの事務局長のエカテリーナ・ザグクラディナは言います。

このイベントの実現は、メキシコとメリダ市に様々な利益をもたらすでしょう。なぜなら、35000人以上の人々が到来し、8500万ペソの経済収入が予想されるからで、これは、州と地域が当てにしている観光活動の後押しを意味するだろう。

会議中は、国家間、民族間、そして人間間の平和な世界の構築の期待をもった眼差しが全世界からメリダに向けられるだろう。

参考文献

El Economista. (2019). Los premios Nobel de la Paz llegarán a México.

El Excélsior. (2019). Realizarán Cumbre Mundial de los Premios Nobel de la Paz en Yucatán.

Milenio. (2019). Más de 20 ganadores recibirá Yucatán en Cumbre Mundial de Premios Nobel de la Paz.

Heraldo de México. (2019). Vendrán 21 Nobel de la Paz.

bookmark icon