キリストの降誕 -The Na­ti­vi­ties

 -  - 


Ar­tu­ro Joel Pa­di­lla Cor­do­va

キリストの降誕が描かれ たものとして知られている クリスマスの伝統である ナティビティ【The Na­ti­vi­ties】(キリストの降誕情景を箱庭などで表 したもの)は、西洋社会で重要なキリスト 教の祭典の一部を司るものです。中東のつ つましやかな環境の中、神秘的なヨセフと マリアのもとで誕生した神の子イエス・キ リストの姿を物語風に表したものが一般的 です。

これはキリスト教の布教、教育を目的 としています。その意図は神の子イエス・キ リストの到来を言葉ではなくイメージで伝 え、共有することにありました。 アッシジの聖フランチェスコは、このキリス トの降誕シーンを風光明媚なイメージでも って人々に伝えたと言われています。その時 からナティビティは神の子の誕生時の話と して語り継がれ、その後の時間の経過によ ってキリスト教独特の華麗な表現で聖像や 情景などが描かれ、重要かつ多くの意味が 含まれることとなりました。

例えば、光り輝 くベツレヘムの星、そして神の子イエス・キ リストの誕生を伝え、生まれたばかりのこ の赤子に金、お香、薬などの贈物を授けた3 人の賢者、私たちをねたみ、神の子イエス・ キリストの誕生を冒涜する悪のイメージと しての悪魔や悪魔の化身が表現されていま す。

このようなキリスト教の教訓的表現で 描かれたことから最初は修道院、寺院、 礼拝堂の境内に多くの人々とこのキリス ト教の教えを共有する題材としてナテ ィビティは存在しました。また詳細かつ 繊細な教訓的記述とワックス、高級木 材、セラミック、繊維、貴重な石などたく さんの素材を利用した表現方法へと進 化したことによりナティビティは、キリ スト教の布教活動の素材として多岐に 作られ、活用されていきました。

アメリ カ大陸では、メスティーソの発想と融合 し、先住民族のスキルを活用したナティ ビティが、このコロンブスの新大陸発見 以前のヨーロッパの世界感を持った、イ ベリア半島からきたこの信仰を伝えて いくことになったのです。

多くの時間が流れナティビティは、キリ スト教の伝統の中でも一般家庭に最も 熱心に受け入れられものとなり、時代を 超えてメキシコの伝統の一部になりま した。今では救世主の誕生と、それにま つわる3人の賢者をお祝いするための 伝統となっています。年の初めと終わり に各コミュニティや各家庭の特徴が反 映されながら、家族の協力の元にこの キリスト降誕の情景の制作が行われま す。ナティビティはスペイン征服時代か ら続く古い伝統の一部なのです。

bookmark icon