ホンジュラスなどからの移民集団 第2派が出発

 -  - 


ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ

貧困や暴力にあえぐホンジュラスなどの移民集団がアメリカなどへの移民を目指しメキシコを通過している問題で、これとは別の集団が、生活の改善を目指しメキシコへの入国を試みていることがわかりました。

国連によると、毎年中央アメリカから北米へ移動する中で数百人の命が失われています。2017年には412人がメキシコとアメリカの国境で亡くなったということです。

およそ2500人が23日、グアテマラ南部を出発し、現在メキシコを通過中のCaravana Migranteに合流することを目指しています。

メキシコ当局は、現在のところ違法でメキシコへ入国することを拒否していますが、女性や子供、健康に問題があるものを難民として受けいれています。ただ多くの移民がグアテマラからメキシコへ、川を渡って入国しようとしています。

新しい移民集団は、トランプ大統領が軍隊を置き国境沿いを封鎖すると発言したことから、最初の移民集団が通ったグアテマラ南部からメキシコへ入国するのではなく、ペテンという北部の街からメキシコへの入国を試みるということです。

 

 

bookmark icon