東京五輪のメダル候補? ユース五輪で史上最多のメダル獲得

 -  - 


ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ

10月18日まで、アルゼンチンで開催されたユース五輪には、メキシコ代表93人が参加しました(男性41人、女性52人)。この大会でメキシコ勢は5つの金、4つの銀、8つの銅メダルを獲得。メダルの獲得数は、ユース五輪史上最多となり、メキシコ代表はとても良い結果を出したと言えるでしょう。

以下に今回メダルを獲得した選手全員をご紹介します。

金メダル

  • Luis Avilés (陸上)
  • Yesica Hernández (重量挙げ)
  • Randal Willars (飛び込み)
  • Nicole Meyer (馬術)
  • Itzel Pecha (レスリング)

銀メダル

  • Natalia Botello (フェンシング)
  • Edson Ramírez (射撃)
  • Sofia Ramos (競歩)
  • Jennifer Carrillo (ボクシング)

銅メダル

  • Alicia Rodríguez y Leslie Soltero (テコンドー).
  • Mauricio Canul (重量挙げ).
  • Natalia Botello (フェンシング).
  • Andrea Victoria Ibarra (射撃).
  • Axel salas (レスリング).
  • Gabriela Agundes y Stephanie Rodríguez (カヌー)

以上の選手たちは、2年後の東京五輪でも、メダル獲得期待大です。ぜひ、日本の皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

次回のユース五輪は、2022年、セネガルで行われます。

bookmark icon