延期?それとも 先延ばし? メキシコ人の習性とは

 -  - 


マヌエル・モラ

メキシコには有名な格言 があります。

No dejes para mañana lo que puedes hacer hoy. (今日できることは明日に延ばすな。)

しかし、実際のメキシコ人は最後の最後ま で物事を後回しにするという悪評がありま す。こんな例え話をよく耳にするでしょう。 「ある昼下がり、大きなソンブレーロをか ぶった男が、厳しい日差し避けるためサボ テンの陰で横になっていると、そのまま仕 事もせずにスヤスヤと昼寝をしてしまいまし た。」

こんな類いの話が巷で流れるほど、多くの 人がメキシコ人に怠け者のイメージを持っ ていることでしょう。でもこれは大袈裟な 尾びれがついたステレオタイプ化された見 方に過ぎません。 実際、メキシコ人はさほど怠け者ではなく、 いつもいつも重要なことを後回しにすると いうわけでもありません。

よく考えてみてく ださい。そもそも後回しや先延ばし【procrastinar】はメキシコ人の専売特許ではな く、全ての人が大抵やってしまっているこ となのです。あなたもそうではありません か。

ラ・レアル・アカデミア・エスパニョーラの 辞典では「procrastinar(先延ばしする)」を 「diferir, aplazar(延期する)」と定義して いますが、心理学でこの言葉は、「すべきこ とに背を向け、あまり意味は無くとも、愉快 な活動を優先する習性のこと」を指してい ます。つまり、あらゆる角度から思案し、物 事を合理的に延期することは先延ばしでは ありません。よって罪の意識を生まれませ ん。

先延ばしとは、意識的な行為ではなく、 習慣によって作られた後天性の無意識的な 習性なのです。そしてそんな無意識的な習 性には、必ずと言って良いほど自責の念が 生まれ、心のどこかに何かは残ります。 この習性が生産性の敵だということは明白 な事実です。経営幹部、労働者、クリエータ ー、etc。どの立場、どの分野においても先 の自責の念から、または進捗を遅らせたり と、あらゆる面でマイナスに影響します。生 産性という観点から見れば、先延ばしは合 理的ではないという認識をもつことは重要 です。

と言いつつも、自然に先送りをした方 が満足した成果を上げるケースもあります。 例えば、アイデアが滞った時、物事が行き詰 った時、長時間の単純労働の時などは一時 的な中断を受け入れ、気分転換を試みた方 が創造力が高まったり、優れたプランが練 られたり、失敗が少なくなったりと、より良 い成果を生み出します。いわゆる「長時間 の会議は何も生み出さない」というやつで す。

重要な仕事を最後の局面まで先延ばしに することは、会社自体はもちろんのこと、従 業員にも悪影響を及ぼします。しかし、先 延ばしが全て悪ではなく、生産性を下げる 唯一の要因ではないのです。集中して手際 よく作業をすることで仕事のスピードを高 め、時間を有効活用することにより、限ら れた時間で多くの成果を生み出すことが何 よりも大事なのです。

メキシコ人は世界中の人々と同じようにし ばしば先延ばしをします。そこで最初のソ ンブレーロの男の話を思い出してみてください。彼は仕事をしたくないから、怠け 者だから昼寝をしたのでしょうか。それ とも暑い昼下がりに休息を取ることが、 自分にとって一番有効な時間の使い方 だと考え、昼寝をしたのでしょうか。そ もそも昼寝するのに理由なんているの でしょうか。

メキシコ人の飛躍した論理 と思わず、今一度しっかりとこの記事を 読んで、あなたの周りにいるメキシコ人 をしっかり観察してみてください。そこ には日本では絶対に目の当たりにでき ない、それぞれが持つ多種多様な習性 が存在し、あなたの想像力が刺激され るはずです。

最後に、実際どのような問題が起こり、 どのような打開策ができるのか。具体 的な例を挙げておきましょう。 グアナファト州では現在、外国企業の 進出が盛んになっており、お互いの習 慣やマナーを理解し、尊重することが 重要なテーマとなっています。互いを補 いながら職場での調和をどのように構 築していくか、大変興味深い課題となっ ています。

プロダクション・コンサルタントでデビ ッド・アレンが開発しGTD(Getting things done)メソッドに基づく情報ア プリケーションを活用しているFacile Things社の創設者でCEOのFrancisco Sáez氏は、これらの課題に対していくつ かの助言を述べています。

Si puedes realizar una tarea en menos de dos minutos, simplemente ejecútala. (もし2分以内に終わるのであれば、迷 わず取り掛かってください。)

Haz una cosa a la vez, crea rutinas de trabajo, toma decisiones y programa tus tiempos. (ひとつの事をやる時は、そのやり方を 考え、きちんと時間割りを組み立て、そ の通り行ってください。)

これら助言を建設された真新しい工場 の壁に貼り、活用してみてください。お 互いの向上に役立ち、職場環境がきっ と良くなることでしょう。

bookmark icon