85%も軽い Uber Lite メキシコでサービス開始へ

 -  - 


配車サービスアプリを展開する「Uber」は、支払いや携帯の種類に関係なしに使える「Uber Lite」を数か月以内に配信すると発表しました。このアプリは、従来のアプリより、より単純で、軽く、速いのが特徴で、利用者へのサービス向上が期待できます。

ラテンアメリカユーザー・オペレーション・ディレクターであるアルフォンソ・アマヤ氏は、今回のアプリをメキシコシティーやグアダラハラ、モントレイ、ティファナ、メリダ、プエブラなど20以上の都市で利用できるようにすると説明。また、Google Play storeでもダウンロード可能になる見込みだとしています。

今回のアプリケーションは、データ量が5MBと従来のアプリケーションより85%も少なく、メモリー容量の少ない機種でも使用できるということです。

Uber では、新たに2500万人のメキシコ人が利用可能になると試算しています。

そのほかにも、以下のような機能があるとしています。

・インターネット通信が遅かったりGPSに問題ある場合、近くの施設を選べるようにする

・利用者が多い場所があらかじめインストールされており、これはインターネットなしでも使用可能

・車を見つけるまでの時間が平均0.3秒

・他の利用者との乗り合い可

・24時間利用可

・uber Xと利用料金は同じ

・データ通信料が低く、地下など通信状態が悪いところでも利用可能

bookmark icon