第3弾 アモールいっぱいに作られた テキーラの女王 「Tequila Mexitas

 -  - 


Mexico新聞編集長 ヴェロニカ・プラソラ

メキシコに眠る美味しい食材や職人の技を紹介する「 Mexico新聞セレクション」も、今月号で第3弾目となり ました。今回紹介するのはメキシコの名酒テキーラで す。 皆さんご存知のテキーラですが、原料であるリュウゼ ツランの生産地としては、ハリスコ州テキーラ市の特 にサンタ・アナ農園やサン・マルティン・デ・カニャス農 園は有名で、今月号で紹介する「Tequila Mexitas」にもこの農園の原料が使われて います。

この「Tequila Mexitas」プロジェクトは、2012年に蒸留酒への造詣が深く、その製造 へ並みならぬ情熱を持っていた、アレサンドロ・デ・ロッシと、ハイメ・ヴィジャロボ ス、そしてカルメン・カルバハルの3名によって始まりました。 「Tequila Mexitas」の特長は、まずは、テキーラづくりに欠かせないAgave Tequilana weber azu(l ブルーアガベ)を100%使用していることです。これは、この Tequila Mexitasが材料選びの時点からその品質に徹底的にこだわっていることの 表れだといえるでしょう。そして、「(最高のテキーラをつくるために)リュウゼツラン にとって、すべきことをし、すべきことでないことをしない」という、伝統的な考え方 に則り、テキーラへと変化させていきます。

例えば、リュウゼツランを茎から切り取る 際、やみくもに切っては、にがみが発生する恐れがあります。茎を必ず残しながら、こ の地で伝わる秘密の技法で切っていくのです。また味の決め手となる発酵の際も、 菌が活性化するように最適な温度に調整しながら、時間をかけて発酵させていきま す。他のテキーラが生産を急ぐあまり、発酵の時間を少なくするなか、ここ「Tequila Mexitas」ではほかの会社の何倍もの時間をかけるといいます。こうしたカッティン グや発酵の技術、つまり秘密の伝統を守りぬくことで、「Tequila Mexitas」はほかの テキーラメーカーとは一線を画すテキーラをつくることができるのです。

〇数々の受賞で「テキーラ大使」に大抜擢

ウンベルト・ゴメス

 

「Tequila Mexitas」は、全国テキーラ・ワイン・メスカル 評議アカデミー(Academia Mexicana de Catadores de Tequila Vino y Mezcal, A.C.)が主催する多様なコン クールで優勝しているほか、この協会が認定する様々 な認証を取得しています。こうした努力が実り、「Tequila Mexita’s」は、わが国の「テキーラ大使」と呼べる地位 を築き上げたのです。 生産開始からわずか4年と、出来立てのテキーラメーカーですが、このTequila Mexitasは、その美味しさが評判をよび、以下のような国際的な賞を数多く受賞して います。

Plata 28:ブリュッセル・スピリッツ・セレクション2015年 金賞

Añejo:世界的コンクール「Cata Ciega」の60メーカーの中で1位ランクイン

Extra Añejo:「Cata Ciega」の40のメーカーの中で4位にランクイン

2016年3月から、“Tequila Mexitas”はテキーラ規制委員会(Consejo Regulados del Tequilla)の承認を得て、Selectos de la Tierra Azul, SA de CVからイタリアに輸出さ れるようになっています。 先人たちのテキーラづくりへの愛を受け継ぎ、このテキーラを作る際には「何をす べきで、何をすべきじゃないのか」との考えのもと、愛情いっぱいに育て上げている といいます。こうして、世界中にプレゼントを届けているのです。

〇レポサドとアニェホ 熟成期間の違いで味も変化

ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ

今回は「Tequila Mexitas」の4つのブランドをご紹介し ています。テキーラは、熟成の期間によって、レポサド やアニェホといった種類に分かれ、その匂いや味も千 差万別です。 見た目も違うので、色・味・匂いと3つの視点からこの 4種類のテキーラを味わって頂ければと思います。

PLATA 28 プラタ28

プラタ(銀)という名前の通り、ホワイトテキーラと分類さ れるものでその色は官能的なほど白いのが特徴。その味 はとてもコクが強く、かつ花のような香りがしつつも、時よ りハーブのような香りもする。

熟成:アルバオークの酒樽のなかで、(日光を避けながら) 28日間熟成される

見た目:淡い麦わら色のような、明るく、清潔感のある、透 明感のある色である。その銀色の色合いは、光加減によっ ては白色や青色にも見える。

濃度(こく):中レベルのコク

匂い:かすかにハーブの匂いが漂うが、アルコールの匂い も鼻腔に抜ける。アーティチョークやビーツフレッシュな 野菜のアロマもたつ。ただ、最後にたつのは、柑橘系やジ ャスミンのような芳醇なアロマの香りである。

味:口に優しいアルコールの味とともに、濃い甘さを感じ ることができる。また、ハーブと野菜が融合したような味 や、かすかに白コショウの味、柑橘系の酸味も感じること も。後味は白コショウや甘草のような複雑な味わい。

AÑEJO アニェホ

とても特別な超熟成テキーラ(アニェホ・テキーラ)といえ る。タンニンと他の要素とのバランスが見事に調和してお り、コクがあり、5年間の熟成が見事な味を醸しだしている 。

熟成:様々な年代のアルバオークを使用した酒樽の中で 熟成

見た目:琥珀色の、きれいな透明感のある色をしており、 光加減でオレンジ色にもみえる。入れ物も変わっており、 ちょうど口の部分が、王冠のような形となっている。

濃度(こく):とてもコクが強い。 匂い:アルコールの匂いが強いが、その奥にはオーク材や ビターチョコレートやヴァニラのような匂いもある。場合 によっては、コーヒーやヘーゼルナッツ、コーヒー、いちじ く、梅のような様々なアロマが立つ時もある。

味:甘く、コクが強く、オーク材の香りやヴァニラ、ナッツ、ア ーモンドやコーヒー豆のような味もする。後味はスウィー トチョコレートやアーモンドのような濃厚さも口の中に広 がる。

REPOSADO レポサド

レポサド(熟成)という名前の通り、とても味とコクが強い が、añejo(長時間の熟成)のテキーラとはまた違う、信じ られないほど官能的な味に酔いしれることができる。

熟成:様々な年代のアルバオークの酒樽の中で熟成

見た目:小麦のような白さが特徴だが、透明感や清潔感も ある。光加減によっては黄金に輝くときも。

濃度(こく):とてもコクが強い。

匂い:青野菜やヘーゼルナッツやアーモンドが匂いつつ も、熟したリュウゼツランの香りが特徴。バターやヴァニラ 、柑橘系の香りも時より漂う。ただ終わりには、まだ青いリ ュウゼツランンの香りや、柑橘系の花の香りが立ち、そこ にシナモンや白コショウ、完熟果実やチョコレートの香り も、時より漂う。

味:ハーブのような爽やかな味だが、ヴァニラの味がアク セントになっている。後味には、口の中にチョコレートや、 かすかにバニラの味もしてきて、それが絶妙なバランスと ともにリュウゼツランの特長ある香りとともに広がる

EXTRA AÑEJO エキストラ・アニェホ

パーフェクトなバランスの匂いが楽しめるテキーラで、夜 のお楽しみのために作られた最高のテキーラだ。コクも 強く、チョコレートや葉巻のような香りもある。まさに他に 類のない一品である。

熟成:様々な年代のアルバオークの酒樽の中で熟成

見た目:とても濃い琥珀色をしているが、透明感、輝き、純 度もあり、光加減で銅色やオレンジ色にもなる。

濃度(こく):コクがとても強い 匂い:アルコールの強い匂いとともに、オーク材の香りや、 ビターチョコレートや炒ったココアやヴァニラ、ヘーゼル ナッツやアーモンド、コーヒーやりんごのようなドライフ ルーツ、いちじくや梅の匂いがする。発酵されたタバコの ような匂いが鼻の中を支配するときもあり、様々な匂いが 見事なバランスで調和している。

味:アルコールの味は弱く、最初は甘くコクの強い味が口 の中に広がる。オーク材の香りがとても強く、ヴァニラやド ライフルーツ、アーモンドやコーヒーの味も後から広がっ てくる。最後には、スウィートチョコレートやアーモンドの 味が口の中を支配する。さながら、口の中でブッフェやガ ーデンパーティーを開いているような感じである

bookmark icon