進撃のAMLO体制 ロペスオブラドール政権の閣僚候補

 -  - 


 ヴェロニカ・プラソラ

■メキシコ の頭脳が結 集した希望 の船

次期大統領であるロペスオ ブラドール氏は、12月からの 政権運営を円滑に進めるべく 様々な課題に取り組んでいま す。そのひとつがロペスオブラ ドール政権の中核を担う閣僚 選びです。 次期政権の閣僚候補 17人中9人がメキシ コ最高学府のUNA M(メキシコ国立自 治大学)出身者で固 められています。現 政権と比べると高 学歴の人が並び、内 訳は学士号が5人、 修士号が5人、7人が 博士号の課程を修了し ています。ロペスオブラド ール氏自身もUNAM出身 者で、UNAM出身者が大統 領になるのは1988〜199 4年まで大統領だったカルロ ス・サリナス氏以来、実に24 年ぶりです。

■ロペスオブラドール氏の組 閣の特徴

ロペスオブラドール氏の組閣 では、男女の比率を50%に する男女平等を進めていると 言われています。要となる内 務大臣に初めて女性を起用す ることや労働と農業開発の部 門に30代を大抜擢すること も注目に値すべき点でしょう。 最年少は、この8月で31歳に なるルイサ・マリア・アルカル デ氏。その次に若いのが同じ く30代のロマン・メイヤー・ ファルコン氏で、彼は幾つもの 社会開発のプロジェクトを率 いてきましたが公職になるの は今回が初めてです。 これから述べる閣僚候補は決 定ではありません。しかし、問 題が起きない限り12月1日に 就任するロペスオブラドール 大統領の下で国家の舵を握る ことは、まず間違いないでし ょう。

■ロペスオブラドール政権の 顔ぶれ(予定)

○内務大臣:オルガ・サンチ ェス・コルデロ氏

1995〜2015年まで国家 最高司法裁判所の判事を務 め、その間「中絶支持」「同性婚支持」「娯楽目的での大麻使用 賛成」を表明していました。メキ シコシティで女性初の公証人を歴 任したことでも知られています。2 004年に「ウーマン・オブ・ザ・ イヤー」に選ばれたほか、2013 年にはフォーブス誌の「世界で影 響力を持つ女性」にも選出されて います。内務大臣の就任に関し、 基本的人権を守り抜くと述べてい ます。

○外務大臣:マルセロ・エブラル ド氏

1997〜2000年まで緑の党で 上院議員、2006〜2012年ま でメキシコシティ市長、2012〜 2014年まで国連安全都市グロ ーバルネットワークの代表を歴任 しました。市長時代に地下鉄12 号線とメトロバス4号線を改善し たことは言及に値することです。 外務大臣の就任に関し、商業的関 係を多角化し、そして文化遺産を 強化していくと述べています。

○経済大臣:グラシエラ・マルケ ス・コリン氏

UNAMで経済学の学士号、メキシコ大学院大学で修士号を取得。 ハーバード大学では経済史学の 博士号を取得しました。SNI(研 究者国家認定制度)に所属し、モ ンテレイ工科大学、メトロポリタ ン自治大学、グアナフアト大学、 バハカリフォルニア自治大学で教 壇に立ちました。経済大臣の就任 に関し、国内における新規起業を 促進し、輸出も多角化させつつ経 済成長を図ると述べています。

○財務大臣:カルロス・ウルスア 氏

モンテレイ工科大学で数学の学 士を取得後、メキシコ国立工科大 学高等研究センターで修士号を 修めました。ロペスオブラドール 氏が市長時代の2000〜2003 年までメキシコシティの財務を担 当。国連の世界銀行グループでラ テンアメリカ・カリブ地域経済委 員会のコンサルタントも務めまし た。

○エネルギー大臣:ロシオ・ナー レ氏

サカテカス自治大学で石油化学 を専攻し、UNAMで化学プロセス工学、べラクルス大学で経 済工学と戦略分析の学位を取 得しました。1986〜1992 年までモレロス州にあるペメ ックスに勤務。2015〜201 8年までMORENAのエネル ギー政策グループのコーディ ネーターで、ベラクルス連邦議 会副議長を務めました。

○農業・牧畜・農村開発・水 産・食料大臣:ヴィクトル・ヴ ィラロボス氏

チャピンゴ自治大学で農業工 学の学士を取得。フォックス 政権下で環境資源省や農業・ 牧畜・農村開発・水産・食料 省で次官を歴任しました。20 04年に遺伝子組み換え作物 などを育てることを許可した 法律、通称モンサント法を承 認したことで、世間から批判の 嵐を浴びました。大臣の就任 に関し、環境により配慮した 包括的食糧生産力の強化を 図ると述べています。

○労働社会福祉 大臣:ルイサ・マ リア・アルカルデ氏

弱冠31歳と政権の中で一番若い 彼女はUNAMを卒業後、カリフォ ルニア大学バークレー校で公共政 策と労働法の修士号を取得しまし た。その後、政党「市民運動」から 連邦議員に選出され、2012年に MORENAの青年・学生部のリ ーダーに抜擢されました。労働社 会福祉大臣の就任に関し、全ての 労働者の賃金を回復し、若者や女 性が適切に雇用されるように促進 していくと述べています。

○公共教育大臣:エステバン・モ クテスマ・バラガン氏

UNAM卒業後、ケンブリッジ大 学で経済政策の修士号を取得し、 その後はエコノミストと活動しま す。PRIのセディージョ政権で内 務大臣や社会開発大臣を歴任し、 1997年に上院議員に選出され ました。2002年から教育を支援 するアステカ基金の代表を務めて います。公共教育大臣の就任に関 し、全国で教育の機会を増やすこ とを目指すと述べています。

○文化大臣:アレハンドラ・フラウスト氏

UNAM卒業後は弁護士となり、 コンサートの手配や演出を担当す るなど、ロペスオブラドール氏の 下で文化事業のコーディネーター として活躍します。メキシコシティ のクラウストロ・デ・ソル・ファナ 大学の文化事業部とゲレロ州のゲ レノ文化研究所のディレクターと しても手腕を振いました。文化大 臣の就任に関し、この国全てのコ ニュニティ文化を守るために必要 なことには耳を傾けると述べてい ます。

○通信運輸大臣:ハビエル・ヒメ ネス・エスプリウ氏

UNAMの工学部で機械技術を学 んだ後、数々の職歴を重ねて199 0年にペメックスで商業部門のサ ブディレクター、1994年にはメキシカーナ航空の統括ディレクタ ーに就任します。研究機関である IMP(メキシコ石油協会)の会員 で、1997〜2007年までUNA Mの理事、メキシコ機械工学委員 会やメキシコ電子エンジニア協会 の副会長も務めました。通信運輸 大臣の就任に関し、メキシコのエ ンジニア技術を向上させ、インフ ラの創出と整備を進めていくと述 べています。

○環境資源大臣:ホセファ・ゴン ザレス・オルティス・メナ氏

アナワク大学の法学部を卒業後、 ジョン・F・ケネディ大学で芸術学 の修士号を取得しました。チアパ ス州の自然保護活動に積極的に 参加しており、同州の自然公園Los Aluxesエコパークのオーナーで す。環境資源大臣の就任に関し、 絶滅危惧種や自然環境の保護を 更に推し進めると述べています。

○観光大臣:ミゲル・トルーコ・マ ルケス氏

ニューヨークのコーネル大学でホ スピタリティ学を専攻後、メキシ コ観光学校【Escuela Mexicana de Turismo】でホテルとレストラン のマネージメントの学位を取得し ました。CONCANACO(全国 商業会議所連合)の副会長や全国 ホテル・モーテル協会の会長を歴 任し、2012〜2017年まではメ キシコシティの観光局長を務めま した。観光大臣の就任に関し、メ キシコに来られる観光客の平均支 出額を上げ、利益が観光地の地元 住民にもっと還元されることを目 指すと述べています。

○公共行政大臣:イルマ・エレンデ ィラ・サンドバル氏

UNAMで経済学の学士を取得 後、UAM(メトロポリタン自治大 学)で社会学の学士も取得し、U NAMに戻り政治学の修士号、カ リフォルニア大学で政治学の博士 号を取得しています。公共行政大 臣の就任に関し、汚職撲滅と行政 を高度な組織へと変革させるこ と、そしてそこに透明性を出すこ とを目標にしていると述べていま す。

○社会開発大臣:マリア・ルイサ・ アルボレス・ゴンザレス氏

チアパス州オコシンゴ出身。母方 の祖母はエルサルバドル出身、父 方の祖母は先住民族ツェルタル族 の血筋を引いています。チャピン ゴ自治大学で農業工学を専攻し、 イベロアメリカーナ大学プエブラ 校とスペインのEscuela Andaluza de Economía Socialで社会経済学 の専門課程を修了しました。200 1年に行ったオーガニック製品の 生産で先住民族の経済活動を支 援するプロジェクトでコーディネー ターを務めました。社会開発大臣 の就任に関し、特定地域の公共用 地を再利用するため、25の戦略 的プロジェクトを進めると述べて います。

○保健大臣:ホルヘ・アルコセル・ ヴァレラ氏

UNAMで外科学の学位を取得 後、ロンドン大学で免疫学の修士 課程に進み、UNAMに戻って医 学博士号を取得しています。その 後は公共医療に献身しながら優 れた研究を発表し、その功績が認 められ2015年に国立衛生研究 所及び保健省の高度保健医療専 門研究所の名誉教授に任命され ました。現在はメキシコだけなく 中南米を中心とした各国で彼の功 績は讃えられています。

○農地土地都市開発大臣:ロマ ン・メイヤー・ファルコン氏

ジャーナリストで学者としても有 名なロレンソ・メイヤー氏を父に持 つ彼は、現在35歳と閣僚の中で 2番目に若い建築家です。モンテ レイ工科大学を卒業後、スペイン のカタルーニャ工科大学で都市計 画の修士号を取得しました。その 後、公共スペースの開発や地域モ ビリティの策定など、様々な開発 プロジェクトに参加しました。農 地土地都市開発大臣の就任に関 し、農村などにおける複合開発に 力を注ぎたいと述べています。

○警察大臣:アルフォンソ・デュラ ソ氏

UAMで法律学、UNAMで土木 工学の学士を取得後、モンテレイ 工科大学で公共政策学の博士課 程を修了しました。PRIの党員で したがフォックス政権時にPAN に移り、秘書官やスポークスマン などを歴任しました。その後、MO RENAに入党し、党の諮問委員 会などの要職に就いて存在を際 立たせました。警察大臣の就任に 関し、3年かけて警察組織を訓練 して、徐々に高度化させていく。漸 進的プロセスの下で犯罪と立ち向 かい、犯罪行為に一歩も引かない 強靭な組織へと変革させたいと述 べています。

bookmark icon