Month

julio 2018

All posts published in julio 2018

13 posts

Bookmark?Remove?

Mexico新聞カルチャークラス第1回:「夏の病気とワクチン接種」

 - 

     榎本 陽介   Mexico新聞で は、在墨の日本人女性に向けて、メキシコの社 会や文化、歴史、ライフスタイルなどを紹介する「カルチャークラス」 を6月からスタートしました。(毎 月1回、第三水曜日開催)。 その記念すべき1回目(6月20日) のクラスのテーマは、「夏の病気と ワクチン接種」について。 本格的な夏の到来を控えて、心配 されるのが蚊を媒介して広がるデ ング熱、ジカ熱、チクング二ヤ熱な どの伝染病。あまり、日本では一 般的ではないこれらの疾患に関し て、グアナファト州保健省で予防 推進に携わる... More »

Bookmark?Remove?

教育格差拡大の波抜け出せない貧困と更なる煽り

 - 

   ホセ・ルイス・ロハス・アルダナ   メキシコの教育システムは現在、社会の分断や不平等を引き起こすプロセスと言えます。つまり、ある特定のグループにとっては不平等であり続け、ある階級の人たちには大きな利益を与え続けているのです。教育システムは、その土地に住む人たちの経済や政治事情に影響されています。上流からアッパーミドル層の人々が住む場所では高度な教育を手に入れることができますが、ロウアーミドルから貧困層ではレベルの低い無償の教育に頼らざるを得ず、将来的に多くのチャンスや富を得られる機会が少ないのです。更に、読み... More »

Bookmark?Remove?

グアナフアトを駆け巡れ!ラリー・メキシコの歴史と恩恵

 - 

 ヴェロニカ・プラソラ     日本ではラリー・メキシコとして知られる「コロナ・グアナフアト・ラリー(ラリー・メキシコ)」は15年前から始まり、今やWRC(世界ラリー選手権)の歴史に名を刻むほどの世界的イベントとして多くのラリーファンから熱い眼差しを集めています。このラリー・メキシコはWRCが世界各国で行う全13戦のうちの1戦で、年ごとにメキシコ色を打ち出し、大会自体のクオリティはトップクラスとの評判です。舞台はレオンやグアナフアトにシラオ、そしてイラプアト。まさにグアナフアト州全体がラリーのステージとなるのです。... More »

Bookmark?Remove?

メキシカンアイス(Nieve)で熱さをしのぐメキシコ美食探訪その5 

 - 

ドゥルセヴェガ   「コーンにしますか?カップにしますか?」   メキシコの街中にあるニエベ(Nieve)屋さん(=アイスクリームショップ)でアイスを注文すると、必ずこの質問を聞かれると思います。   この質問はメキシコ人とって魔法の言葉。「さあ、これからアイスを食べるぞ!」というモードになってしまい、脳がアイスを強く欲するようになってしまいます。メキシコ人とアイス、外国人の方々にはあまりピンとこないかもしれませんが、私たちメキシコ人とアイスは切っても切れない、「甘い関係」なのです。   トラトアニといったアステカ... More »

Bookmark?Remove?

メキシコの美食、職人の技をご紹介する「Mexico新聞セレクション」

 - 

ベロニカ・プラソラ Mexico新聞編集長 「美食の国・日本」これは私たちメキシコ人、そして全世界の人々が同意できる皆さんの母国・日本の印象です。豊かな四季や大自然、それと寄り添う人々、そして大自然からの恩恵を十二分に楽しむことできる技と伝承。私は日本を訪れるたびに日本人と日本の食文化の深い関係を目の当たりにして、心地よさとともに、一種の嫉妬なんでしょうか、ちょっとしたほろ苦さ、そんな気持ちを感じていました。   ひるがえってわれらが祖国・メキシコ。私たちだって世界中に認められた豊かな食文化を有していると胸を張って... More »

Bookmark?Remove?

グアナフアト州で日本語放送開始TV4とMexico新聞の新しい試み

 - 

Mexico新聞編集部   グアナフアト州の公共放送局「TVCUATRO(TV4)」とMexico新聞は、2018年6月18日にグアナフアト州に滞在する日本人を対象にしたTV番組を協力して制作していくことで合意し、それを記念してミゲル・マルケス・マルケスグアナフアト州知事、伯耆田修在レオン日本国総領事のご臨席のもと、協力合意の文章に署名しました。   現在、TV4では、Mexico新聞監修のもと、TV4の毎朝のニュース番組内で、グアナフアト州の天気予報を日本語で伝えるプログラムを放送しています(朝6時45分ごろ、7... More »

Bookmark?Remove?

顧問弁護士を持つ意味外国人の法的支援の必要性

 - 

エマ・ルース・デルガド   最近、友人である弁護士のエンリケ・ウルタド・ロサノ氏と話をする機会があり、そこで外国人がメキシコで顧問弁護士を雇う必要性について、彼は雇う前提条件と引き起こされる結果がメキシコでは他の国と少々異なる点を指摘しつつ、様々な角度からこの国での法的支援の必要性を語ってくれました。   社会的活動を行う場合、法律の専門家の手助けが不可欠です。直接的であろうが間接的であろうが、事業を計画して実行し、維持していく際には多くの法律が絡むからです。 例えば、多くのケースは会社ですが、外国人がメキシコで法... More »

Bookmark?Remove?

ニーニョたちの選挙子どもたちの意思表示

 - 

ロヘリオ・サラテ   6年に1度行われる大統領選挙と同じく、選挙権を持たない子どもたちが自分たちの周りで起こっている問題について、子どもたちが「投票所」という場所に集合し、様々な内容の質問に対して自らの意見述べる「投票する」、いわゆる「子ども選挙」が今年も開催されることになりました(※1)。前回の2012年では「より良い生活を送る権利について」をメインテーマに、子どもたちの安全や健康に係わる「家族」、「学校」、「コミュニティ」などの日常生活に関した意見が数多く集められました。   意見を取りまとめたIFE(連邦選挙... More »

Bookmark?Remove?

NAFTA改正を前にメキシコが目指すべき4つの提案

 - 

ウンベルト・ゴメス   メキシコは23年もの間、商業的で生産性があり、そして投資性の高い関係を北の隣国と深く築いてきました。この関係は私たちのマキドーラの工場や農産業に対して重要な役割を担っています。メキシコのみならずアメリカやカナダにも、この巨大な経済ブロックは十分なほど恩恵を与えました。我々北米3カ国は恩恵を享受してきたのです。しかし、1992年にカルロス・サリナス大統領が締結したこの協定に今、改正の手が施されていることはご周知の通りです。   田舎で働いていようが特殊な技術者であろうが、日々多くの労働者たちが... More »

Bookmark?Remove?

メキシコ人がこよなく愛する穴場スポット第1回 トラスカラのホタル

 - 

エマ・ルース・デルガド   メキシコの素晴らしさを一つ一つ挙げてしまったらきりがないですよね。自然、文化、歴史など無形なものから、建築、工芸品、グルメなど有形なものまで。人も暖かく、フレンドリーなので、多様性のあるこの国を積極的に理解していただければ、みなさんの人生が豊かになる、そんな新たな体験ができことを保証します。今回はその中でも、メキシコ人がよく訪れるスポットで、私のおすすめの観光地を紹介したいと思います。   トラスカラのホタル   メキシコシティーから2時間ほどの場所にあるトラスカラ州ナナカニリパ市。ここ... More »

Bookmark?Remove?

歴史的選挙とその後公式な最終結果は9月に

 - 

ロヘリオ・サラテ       今回のメキシコにおける選挙は、この100年の中で一番重要なものでした。以下の事実がそれを物語っています。選挙が終わった今、もう一度今回の選挙の実情を確認してみましょう。   8900万人が有権者登録。 選挙で選ぶポスト数が18311名と過去最大規模。 6000万件以上の候補者のメッセージがラジオやテレビにて発信。 各候補者や政党が拠出した選挙費用を除外した選挙費用の総額が330億ペソ。   そして今回の選挙から1910年以来初めて、市町村レベルで現職の候補が再選できるようになったことも... More »

メキシコ選挙 その投票の手順を覗く

 - 

ここ、グアナファト州では、大統領選のほか、州知事選挙、レオン市長選などが同時に行われており、投票所の手順が少し複雑です。 投票所にて、その手順を覗いてみましょう。   投票所にて。メキシコの投票のプロセスを見てみよう!Estamos en una de las casillas y explicaré el proceso del voto.#Elecciones2018Shimbun#MéxicoShimbun#CoberturaShimbunTV4#EleccionesEnTV4#LoViEnTV4 Poste... More »