歴史的選挙とその後 公式な最終結果は9月に

 -  - 


今回のメキシコにおける選挙は、この100年の中で一番重要なものになるでしょう。以下の事実がそれを物語っています。 

・8900万人が有権者登録。 

・選挙で選ぶポスト数が18311名と過去最大規模。 

・6000万件以上の候補者のメッセージがラジオやテレビにて発信。 

・各候補者や政党が拠出した選挙費用を除外した選挙費用の総額が330億ペソ。 

今回の選挙の注目すべき大きな点として、左派政党のMORENA(国家再生運動)のロペス・オブラドール候補が勝利して大統領になれるかどうかです。彼は今まで全ての世論調査でトップを走ってきましたが、2006年の選挙では今回と同じようにトップを走りながら最終盤に犯した致命的なミスにより敗北しました。ただ、著名な政治アナリストのセルヒオ・サルミエント氏は、今回はロペス・オブラドール候補の勝利は堅いとコメントしており、リフォルマ紙などでも「間違いさえなければ、彼が大統領に就くのは間違いない。なぜなら他のライバルたちは、彼の勢いを抑えられないからだ」と述べています。 

大統領選挙ではもうひとつの注目点として独立候補が話題に上りましたが、出馬した2名のうちマルガリータ・サバラ氏は5月に撤退を表明し、もう一人のハイメ・ロドリゲス候補は世論調査で1~2%の支持率しか獲得できていません。 

そして今回の選挙から1910年以来初めて、市町村レベルで現職の候補が再選できるようになったことも注目すべきことでしょう。付け加えて、連邦議会などでも政党の支援の無い独立候補が立候補できるようになった点も同じく注目すべき点です。様々な政策を持つ人々が立候補できるようになった結果、既存政党の票が流れて分散する可能性があり、各地で接戦が予想されるため、今まで以上に結果予測を困難にしています。 

■今回の選挙で争われるポスト 

今回は以下のポストが争われます。 

○連邦レベル 

・大統領―1名 

・上院―128議席 

・下院―500議席 

○州レベル 

州名/都市名  州知事選挙  政府長  州議会  市議会  市町村 

または評議員 

市町村長 
小選挙区  比例区 
アグアスカリエンテス州      18  9       
バハ・カリフォルニア・スル州      16  5  5     
カンペチェ州      21  14  11  24   
コアウイア州          38     
コリマ州      16  9  10     
チアパス州  1    24  16  123     
チワワ州      22  11  67     
メキシコシティ    1  33  33    160  16 
ドゥランゴ州      15  10       
グアナファト州  1    22  14  46     
ゲレロ州      28  18  80     
ヒダルゴ州      18  12       
ハリスコ州  1    20  18  125     
メキシコ州      45  30  125     
ミチョアカン州      24  16  112     
モレロス州  1    12  8  33     
ヌエボ・レオン州      26  16  51     
オアハカ州      25  17  153     
プエブラ州  1    26  15  217     
ケレタロ州      15  10  18     
キンタナ・ロー州          11     
サン・ルイス・ポトシ州      15  12  58     
シナロア州      24  16  18     
ソノラ州      21  12  72     
タバスコ州  1    21  14  17     
タマウリパス州          43     
トラスカラ州      15  10       
ベラクルス州  1    30  20       
ユカタン州  1    15  10  106     
サカテカス州      18  12  58     
合計  8  1  585  387  1597  184  16 

■世論調査の価値 

残念ながら、この国の世論調査はあてにはなりません。各陣営が都合の良い世論調査の結果を公表して、自分が多くの支持を集めていると惑わすからです。例えば、各メディアが今年1月に行った支持率調査のグラフを見てください。結果の違いに一目瞭然でしょう。有権者の一人ひとりがきちんとした視点で判断しなければなりません。 

 

De AntoFran – Trabajo propio, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=68391917

メディア以外でも調査を行っているところがあります。COPARMEX(メキシコ経営者連合会)は、2つの政治的独立性のある会社に調査を依頼して、実態に近い支持率を探ろうとしています。その結果は以下の通りです。 

・ロペス・オブラドール候補―41.7% 

・リカルド・アナヤ・コルテス候補―21.0% 

・ホセ・アントニオ・ミード候補―13.6% 

・ハイメ・ロドリゲス候補―2.3% 

・わからない―21.5% 

■一番危険な選挙区 

この選挙期間中、選挙史上に汚点を残すほどの暴力事件が数多く発生し、6月15日までに114人の政治家が命を落としました。その中には正式な候補者や選挙が始まる前に殺害された人たちもいます。昨年9月から実質的な選挙戦が始まり、それから400件以上の暴力事件も発生しています。こうした事件が発生する理由は様々ですが、自分たちの利益になるように犯罪組織などが候補者に暴力で圧力をかけるというのが一般的な見方です。統計的に選挙に絡んだ暴力事件が数多く発生している州は、ゲレロ州、オアハカ州、プエブラ州、ベラクルス州です。 

■投票日について 

投票所は8時に開き、18時まで投票を受け付けます。有権者登録を行っている全ての人が投票した場合は、これより前に閉めても良いことになっています。逆に18時以降であっても投票する人の列がある場合は延長して続行し、列の最後の人が終えた段階で投票終了となります。 

■投票所の人たち 

選挙当日は、国民の中から選出された1150万人が投票所で働きます。今年は2月と3月生まれの18歳以上の人で、苗字が「F」で始まる人が選ばれました。ただし、その中で実際にこの仕事を担うのは140万人ほどで、全国155カ所の投票所で選挙を監視します。投票所には次のような人たちがいます 

・代表(1名)―投票用紙を受け取り、鉛筆や投票用紙など全ての物がリストの数と合っていることを確認。 

・書記(1名)―投票の開始、終了時刻や開票中に起こった出来事など、全ての出来事を記録。 

・第1・第2投票集計人―投票箱を組み立て所定の場所に置き、記入するための机、他人に見えないようにするカーテンなどを設置。 

・予備の代理人(3名) 

投票終了後、代表、書記、集計人が数えて候補者ごとの集計を所定の用紙に記入します。同時に投票所の横に設置されている掲示板にもその結果を記します。 

INE(全国選挙機関)は、7月1日の夜11時までにその暫定結果をPREP(暫定選挙結果統計プログラム)に渡すことを義務付けています。このPREPとは、90年代中頃に暫定結果を集計するために開発されたプログラムで、PREPの集計は特別に設計されたコンピュータプログラムによって行われ、その全ての情報がINEに送られます。重要なことは、PREPの集計データは誰が勝利したのかを正確に示すデータではなく、あくまでも地方のINEが今回の選挙にはどういう傾向があるのかを把握するためのものなのです。暫定結果を知り、それらの解析を裏付けにすることで集計に不正がなく、透明性があったことを世間に公表するためのデータなのです。したがって、各政党が各自の方法で算出した結果を早々に発表するのが慣例で、最初の暫定結果は7月2日の朝2時以降に発表されます。 

■7月1日以降のプロセス 

開票作業は7月4日まで行われます。問題があると疑われる場合、各政党は異議申し立てをすることができます。 

8月終わりまでにINEが公式結果を選挙裁判所に渡し、その後TEPJF(連邦選挙裁判所)が9月中に公式結果の信頼性について検証します。そこで問題がないと判断されれば最終選挙結果として公表します。つまり、公式の最終結果は9月になる見込みです。 

<参照または参考サイト> 

・LA VERDAD – https://laverdadnoticias.com/elecciones-2018/Elecciones-2018-Por-que-seran-historicas-las-votaciones-en-Mexico-20180331-0029.html 

・BBC – http://www.bbc.com/mundo/noticias-america-latina-43578377 

・Forbes – https://www.forbes.com.mx/a-un-mes-de-eleccion-amlo-aventaja-2-1-a-anaya-encuesta-parametria/ 

・EL FINANCIERO – http://www.elfinanciero.com.mx/elecciones-2018/amlo-lidera-encuesta-presentada-por-la-coparmex 

・Huffingtonpost – https://www.huffingtonpost.com.mx/2018/06/09/suman-112-asesinatos-de-politicos-durante-el-proceso-electoral_a_23455057 

・INE – http://www.ine.mx/voto-y-elecciones/calendario-electoral/?location=gto 

・EL ECONOMISTA – https://www.eleconomista.com.mx/politica/Calendario-del-proceso-electoral-2018-20170903-0057.html 

・Huffingtonpost – https://www.huffingtonpost.com.mx/2018/04/29/verificado-por-esta-razon-los-funcionarios-de-casilla-son-la-clave-para-las-proximas-elecciones_a_23423108/ 

・Huffingtonpost – https://www.huffingtonpost.com.mx/2018/02/16/en-las-elecciones-2018-el-conteo-rapido-sera-mas-lento-se-dara-a-conocer-un-dia-despues_a_23363672/ 

bookmark icon