Month

abril 2018

All posts published in abril 2018

7 posts

Bookmark?Remove?

働く子育て世代に朗報! 企業内保育所の設立を承認

 - 

企業が社員が安心して仕事に専念できるように社内に保育施設を開設できるという素晴らしいニュースが届きました。 IMSS(メキシコ社会保険庁)の所管業務のひとつに「働く人のために保育サービスを提供すること」があり、それに伴い経営者が施設内に設立する「企業内保育所」の承認を決議しました。特に幼い子供の育児と仕事を両立する働く女性たちからの保育サービスへの強い要望と保育施設の開設を困難にする財政問題に直面するなかで、IMSSはこの社内保育施設の設置と運営に関して、経営者に業務を移管し、会社施設内に保育所が設立できるように定... More »

Bookmark?Remove?

ローンを組むならどこがいい? 利率でメキシコの銀行を比べてみた

 - 

金融システムは、経済を動かして発展させるための中心的な役割を担っています。この金融システムの最たるものは、金融機関が企業や個人の預貯金を効率、または効果的に運用し、より多くの利潤を生み出して還元していくことです。安定的かつ効果的で、競走力のある革新的な経済は持続可能な発展を促し、人々が健康的な生活を過ごすことができる源となります。このためにもシステム自体の統合性や人々の利益を守るような堅実な金融機関、あるいは金融ルールの管理が必要なのです。... More »

Bookmark?Remove?

4月30日はこどもの日 影が潜む子供の今を表す10のキーワード

 - 

メキシコは1924年に「こどもの日」を4月30日に決めました。子供にとっては心待ちなお祝いの日ではありますが、残念ながらメキシコの子供を取り巻く環境は、厳しいものとなっています。目を背けるわけにはいかないメキシコの実状をお伝えしたいと思います。 1.子供の人数 2015年の国勢調査によると、0~17歳の子供の数は3920万人で、3人に1人が18歳未満の子供です。 2.出生証明の有無 子供が生まれたら出生届を出さなければいけませんが、2011~2013年に生まれた子供のうち2.6%は出生証明書を持っていません。 3.... More »

Bookmark?Remove?

グアナファトポーク日本初お目見え 官民一体となった輸出プロジェクト

 - 

3月16日はグアナファト州にとって記念の日となりました。 この日、グアナファト州・Central Industrializadora de Cárnico del Bajío 社(CICABA)で生産された21トンの豚肉が初めて日本に向けて輸出されました。 今回のプロジェクトを指揮したグアナファト州の州知事ミゲル・マルケス・マルケス氏は「日本の市場においてグアナファト州は益々影響力を得ることができる」と誇らしげに語っています。 もともと養豚に力を入れるグアナフアト州ですが、自慢の高品質な豚肉の販売強化のために、その... More »

Bookmark?Remove?

通常営業か休日か 企業的W杯の過ごし方

 - 

来る6月14日、世界中のサッカーファンが待ち望む2018 FIFAワールドカップ がロシアで開催されます。 サッカー大国メキシコでも、多くのサッカーフリークたちが、試合開始のホイッスルが鳴り響くのを指折り数えて待ち構えています。しかし、メキシコにおけるワールドカップへの情熱が、しばしば経営者たちの悩みの種になっていること、知っていましたでしょうか。 例えば、熱烈なサッカーマニアの従業員が、ワールドカップのメキシコ代表の試合当日の就業時間中に会社のパソコンを使って隠れて試合を見ていたなんて話はざらです。「ワールドカッ... More »

Bookmark?Remove?

マヤ文明の至宝 蛇の王国「カラクムル遺跡」  メキシコ探検隊 その1

 - 

カンペチェ州の景色は、とても厳かで思わず息を呑んでしまうほどです。まさに宝と言ってよいでしょう。いつ行っても楽しく旅行ができる場所で、写真を撮るにしても、食が目当てでも、大自然を感じるにしても、あるいは世界遺産などの歴史遺産を巡るにしても、全てがそこにあると言っても過言ではない、そんな魅惑的な場所です。また、カンペチェは海賊対策の要塞都市として栄えた場所なので、海賊マニアの人にとってもおススメです。... More »